エステちゃんねるスマホ版ヘッダー

メンズエステ・洗体マッサージ・回春エステ・裏情報 | エステちゃんねるで“整体マッサージ”タグの付いているブログ記事

2014年10月 4日

池袋 快復堂

池袋と言えばマッサージのメッカである。

仕事のついでに疲れた身体を癒やすべく、北口を彷徨い歩いてみた。
この池袋北口はマッサージやエステ店もさることながら、ここは日本か?というくらいチャイナタウン化していて、道を歩く人の7割方で中国系の話し言葉が聞こえてくるくらいだ。

そんな池袋北口の繁華街を抜けて、しばらく歩いた路地裏にその店はあった。
ビルと言うのかマンションと言うのか微妙な建物の2階に快復堂はあった。

この店は60分2980円の格安マッサージどころか、45分2000円という破格値でマッサージを受けられるという。とうとうここまできたかという値段設定だ。
早速、電話をするとすぐ入れるとのことなので、突撃してみた。

ママさんだろう、ホームページに載っているアラフォーの女性が応対してくれた。なかなか美人さんで、まあ熟女と言えばそうだし、色っぽい大人の女性である。そして、制服がたまらなくイイ。白のナース服なのだが、本格的な看護服という感じ。しかもミニで生足!このママさんが施術してくれるらしい。ラッキー♪

マッサージベッドは3台でカーテン仕切り。ノーマル紙パンツで完全な健全店 w
でも健全店ならではのドキドキ感みたいなものがこみあげてくる。なぜかこの店・・いやママさんかな?そんな雰囲気を持ち合わせた色気がある。

うつ伏せから開始・・・押した瞬間うまいと思った。
凝り性の私は押されただけでマッサージがうまいかどうかわかってしまう。これは!いいかも。
この値段でこの技術は文句のつけようがない。これだけで得した気分なのに、短すぎるスカートから素敵なパンチラまで拝ませていただいた。感謝感謝 w。熟女のパンチラっていいね。

両脇に垂れ下がった腕に生足がけっこう触れる・・・というか押し付けてくる感覚なんですけど w。
これは気のせいかな?

的確なツボ押しとマッサージで疲れも取れて最高の時間でした。

これはすぐ再訪しないと!

また池袋に名店が1つ増えた。

池袋 快復堂
http://kaifukudou.com/




2014年1月11日

御徒町 縁

メンズエステの聖地とも言うべき御徒町。
メンズエステだけではない、指圧整体マッサージやサウナ、アカスリなど、その数は都内でも随一だ。

加えて最近では60分2980円の整体マッサージ店などの出現によって、激戦地区の様相を極めている。

そんな御徒町でも比較的新しいエステ店の「縁」に行ってみることにした。松坂屋の裏手にあり、御徒町駅南口から徒歩1分、上野広小路駅からはすぐ目の前の好立地。価格的にも激安の部類に入る優良店だ。

この店のママさんをはじめ、スタッフは藍あがりの人が多い。だから安心して施術を受けられる。しかし、まあ所謂ド健全店だ。こんな店でオイタが出来たら楽しいだろうなーと思いつつ、入店してみた。

相変わらず愛想の良いママさんがお出迎え。
流行のフレーズ「おもてなし」コース、100分9.5Kを支払い、部屋に案内される。今日のスタッフは美人でスタイルの良いHさん。日本語もうまい。
まず最初に足洗いからスタート。しゃがみこんだミニチャイナの奥から、モッコリとした股間が丸見えだー!目が釘付け!

「今日はどこ疲れた?」
「肩と背中、足をお願いします」

いつも思うことだが、疲れた場所を聞いても聞かなくても、マッサージの手順にほとんど変わりはない感じだ。どこの店でもこれは同じ。もっと工夫すればいいのにと思う。

華奢な手なのに割と力強いマッサージで指圧整体を始めた。うーん、そこそこ!いい感じ。
肩甲骨のあたりが痺れるように痛いのだ。ガンガン押して欲しい。

ベッドの両脇に垂れた腕に太ももがよく触れる。この感触がたまらなく好きだ。
たまに真ん中にストライクした時には心の中で「やった!」と叫んでいる。彼女も避けるでもなく、淡々とマッサージをする、この雰囲気がたまらんね。

一通り丁寧な指圧が終わると、オイルマッサージに移る。この時期だと、ひんやり冷たいオイルはちょっと嫌だ。暖めればいいのにね。お尻の紙パンツをずり下げられる感覚はちょっと屈辱的だ。
上半身が終わって蒸しタオルでオイルをふき取ると、下半身に移る。ここでのポイントは内股から股間に上がってくる時のかすめ方。なかなか期待通りに上手いぞ。
「あっ」 思わず腰が浮いてしまった。

「仰向けね!」

「はーい」と喜びの返事♪

胸のあたりからオイルマッサージを始めた。
乳首の周りを円を描くように塗り塗り~!
そしてお腹からヘソのあたりでグルグル回って、足へ。
太ももからグイーッと紙パンツがずり上げられ、頭がはみ出そう・・・これこれ!これだよ。
一気にFB状態になってしまった。
やばい、ピクピクしてるの見られたかな。どうも彼女の息使いも荒く、時折「はぁっ」とせつないため息が。手の平もだんだん熱くなってきているのがわかった。

この時間がずっと続いてくれたらいいのに。

次回はちょっとオイタに挑戦してみたくなるような、絶妙なタッチで終了~!
この健全店で、オイタをする醍醐味はわかる人じゃないとわからないだろうな~。

en_kanban.JPG

上野・御徒町「縁」
http://esthe-massage.jp/



2014年1月 4日

池袋 こまち整体院

一部のエステマニアの間で大人気の回春マッサージ店「こまち整体院」に行ってみた。
この店は予約しないと入れないほど混んでいて、そのほとんどが常連客で賑わっているようだ。

その人気の源泉とは何かを確かめなくては。
池袋東口から区役所方面へ5分ほど歩いていくと、「こまち整体院」の入っているマンションがあった。なるほど、よっぽど人気店なのか、警戒しているのか、表に看板すら出していない。それでも客がひっきりなしに入るのだからすごい。
マンションの入口を入ったところに各フロアごとの小さな看板があり、そこに小さく「こまち整体院」と書いてあった。

komachi1.jpg

奥にあるエレベーターで4階へ。
何の変哲も無いごく普通のドアだ。

komachi2.jpg

ベルを鳴らして、しばらくすると「ガチャ」とドアが開いた。
白いブラウスにネイビーのキュロット。真面目そうな雰囲気が良い感じだ。
ただ、愛想は全く無い。笑顔も無い。
なんだこの店は?

「お茶飲みますか?」
「はい」
「暖かいの?冷たいの?」
まるでコピーしたような、どこの店でも同じフレーズをこの店でも聞いた。
リンパコース120分を予約したので、16Kを支払う。
店内は飾り気の無い質素な造りで、カーテン仕切りの部屋が4室。
ごく普通の整体マッサージ店という感じを醸し出しているのが、どことなく良い。

「着替えてお待ちください。」
おそらく担当であろう嬢に言われ、極小のTバックに着替える。
やけに無愛想だ。かけらも無い。
忙しいのか、疲れているのか、もう少し愛想があっても良いものだが、演出なのかもしれないと思った。その、淡々とした動作がどことなくこの店には似合っている。

そしてうつ伏せからスタート。
ぐぐっと背中を押された瞬間、「あ、うまい」と思った。
ツボを心得ている。

しばらく指圧マッサージを施術した後、オイルの入れ物を5~6回プッシュする音に続いてオイルをこねる音がしたと思ったら、オイルマッサージが始まった。

内腿を上がってきて、タマをかすめるようにして下がる。
これはなかなか気持ちいい。

「上げてください」
腰をあげて四つんばいスタイルにさせられる。
なんとも屈辱的な姿勢だ。
そこから回春マッサージの始まりだ。
淡々とリンパ回春を進める嬢に職人的な技を見た。

うーん、これはM男向きだ。
気持ち良いというより責められ感がある。
まあ、これはこれで良いのだが。
執拗な玉責めは好きな人にはたまらないだろう。
でも決してサオには触れない。
はみ出ているかと思ったら、うまくTフロント状態にして隠している。
両玉だけがこんにちは。

そろそろ腕が痛くなったところで終了。
背中のオイルを拭き取り、仰向けへ。
仰向けに期待したが、まあ同じような感じ。
嬢の股間や太ももが腕に当たって、けっこう熱くなってきているのがわかった。
手のひらの熱さも摩擦のせいだけではなさそうだ。
すり寄ってくるのだが、オイタして良さそうな雰囲気ではない。
とりあえず何もせずに様子を伺うことにする。

そうこうしているうちに、手と腕のマッサージに移り、終了となってしまった。
うーむ。楽しめたかどうだかわからない。
でもマッサージはうまかった。

次は別の嬢のマッサージも受けてみたいと思った。




2013年10月 1日

爽楽苑 御茶ノ水店

まだまだ残暑のある日、久しぶりにアカスリをしようと思い立ち、アカスリと言えばやっぱりあの店だと、「爽楽苑」のホームページを立ち上げた。
最近では都内に5店舗も出来て、どこにするか迷ってしまうが、熟女マニアとしては、やはりちょっとエロい・・いや失礼、ちょっと色っぽい熟女がいる店に。

爽楽苑と言えば、開放感溢れるマッパ洗体アカスリと寛容度溢れる熟女スタッフで有名だが、人気のケイコさんが居なくなったこともあって、最近は足が遠のいていたところ。ケイコさんは亀戸店のホームページでは節子という名前で出ているが改名してケイコとなった。お姉さんと姉妹で頑張る癒し系美人熟女だ。たまに亀戸店に顔を出すようだけど、なかなかスケジュールが合わない。

ということで、御茶ノ水店に決定!

爽楽苑御茶ノ水店は1年ほど前にオープンした新しい支店。以前はリゾSPAが入居していた所に出店した。しかし、さすがは中国の方、内装から何から全部そのまま利用。いかにも風俗店っぽいカラーの壁紙は清潔感が無く、アカスリ店には似合わない。まあそうは言っても、この店には最近オキニの「はるか」さんがいるのだ。美人さんで(熟女だけど)エロそうな顔立ちが、なんともソソる。

早速予約をして訪問。アカスリ30分4,000円。
笑顔で迎えてくれる「はるか」さんの今日の格好は白いミニワンピ。よくくびれた腰回りにアンバランスな巨乳・・・いいねえ。かがんだ時にチラっと見える真っ赤なパンティがエロすぎる。部屋でタオル1枚になってアカスリ洗体ルームヘ。ベッドを暖めると「仰向け?うつ伏せ?」どっちにする?めずらしくスタートを選べるのだ。仰向けと言いかけてやっぱりうつ伏せからやることにした。

小気味よくゴシゴシと垢すりをやっていくと出る出る、垢が。
お尻の割れ目もチョロチョロっと。
思わず腰が浮いたところをすかさず後ろから玉洗い~!
うーん、たまらん。何度も往復すると、さすがに息子が大きくなってうつ伏せでは痛くて辛い。

バキバキになったところで仰向けコール。
思いっきり反り返ったイチモツくんを見られてしまった。
クビをチョロチョロ洗ってもらい、お腹から肩へゴシゴシ。

あっという間の30分。
5分くらいオーバーしたかな。

いつもならこの後オイルマッサージ、リンパマッサージとフルコースなのだが、今日は時間が無いのでここまで。

また来るよ~と手を振って店を後にした。

爽楽苑 御茶ノ水店
http://akasuri.net/ochanomizu/



2013年9月 5日

御徒町 藍

東京のマッサージ店、特にメンズエステ店を語る時に私にとっては忘れられない店、「御徒町 藍」。
もう何年くらいになるだろう、相当古い草分け店的な名店と言っても良いでしょう。このような所謂メンズエステ店に初めて突撃したのが、藍なのです。

「東京一激安店」という看板は今となっては少々偽りアリだが、でも当時はとても格安店で、しかも嬢はミニチャイナというワクワクした店で、それはもちろん今でも健在。

マッサージルームは4室、シャワーはない。
嬢は割りと若めの子から熟女系まで、けっこう楽しめるラインナップが揃っています。
部屋に案内されて、例の極小Tバックに着替える。
ホント、これは収めるのに大変だ(笑)

色気のある中祖とご対面。ん~、なかなかスタイルがよろしい。

まず始めに「足洗い」。
この時の嬢のしゃがみこんだ時にギリギリ見えそうなパンチラを期待しつつ、「ぜんぜん見てませんよ」のフリをしながら目だけを足元に落とすのが、最初のワクワクする瞬間です。
そしてうつ伏せからスタート。

マッサージの施術は誰に当たっても遜色なく技術教育はちゃんとしている感じ。
ベッドの両サイドから垂れ下がった腕に時折触れる生足が気持ちよい!
「ピトッ」って感じがたまらん!

嬢が頭側に回って、首から肩にかけてマッサージしている時が、嬢の寛容度をチェックする最適のタイミング!下がった両腕を上げて嬢の太ももを後ろから抱くような形でサワサワしてみる。この時の反応でこれからの攻略法を頭で考えつつ、でも体はしっかり揉まれてグッタリ状態という相反することをしなければならない。

サワサワ~・・・・一瞬ピクッと太ももの筋肉が反応。
でも、避けるでもなく、何事もなかったかのようにマッサージは進む。
よし、OK!

次に頭側に来るのはオイルマッサージの時。
その時まではゆっくりと施術を楽しむことにしましょう。

手際よく、丁寧な指圧が終わって、いよいよオイルマッサージの開始。
このヌルっとした感触がいいですよね~!
嬢は手から腕までオイルにまみれるので、あまり抵抗できないっていうところが最高です。いやいや違う、マッサージが最高なのだ!

そしてついにやってきた、頭側回り込み~。
首から肩、肩甲骨、そして背中まで広くマッサージ。
この、うつ伏せの頭の上を越えて背中をマッサージする時に、嬢の胸が後頭部にもろに当たるのがイイ!頭をもちあげてフリフリしたくなる衝動にかられます。ちょっと小刻みにフリフリ~。それと同時に両腕を太ももにターーッチ!サワサワサワ~っと触手を上に伸ばしてみましょう。おおおー、スベスベでもっちりした肌の感触が最高!だんだん上がるとやがてお尻の下側のふくらみへ・・・うつ伏せ状態のわけだから、当然見えてないのですが、そこは想像力が大事!!GOGO!
どんなパンティかなー?白かなー?黒かなー?それともピンクかなー?うわー小さいなー!はみケツしてるー!なんて想像するのが正しい楽しみ方なのである。

まあ、ここは健全店なので、このへんで。
良い子はオイタしてはいけません。

次回再訪が楽しみな嬢でありました。
指名再訪確定です。