エステちゃんねるスマホ版ヘッダー

メンズエステ・洗体マッサージ・回春エステ・裏情報 | エステちゃんねるで“洗体アカスリ”タグの付いているブログ記事

2015年9月10日

エクセレント

夜の錦糸町界隈はなんとなく怪しい雰囲気に包まれて淫靡な感じが漂う街である。
特に外人系のパブやらキャバクラが多く、この錦糸町に来れば世界各国の美女?たちに会える。

そんな中、ご多分にもれずにアジアン系のメンズエステ店も多数点在しているのだけど、数店行ってはみたものの、なんか違った。やる気が無いというかなんと言うか。遅い時間に行ったこちらにも問題があるのかもしれないが、そうは言っても仕事なのだし、お金を払うのである。ある店の嬢などはアクビを連発して手が止まってる始末。寝ちゃってるのは見え見えだ。うつ伏せで見えないけど。

一縷の望みをかけて、ビルの3階にある小奇麗な看板の店に入ってみた。名前は「エクセレント」。出来たばかりの新店のようで、なかなか綺麗。値段的にも他店と同じかリーズナブルな設定。

受付で洗体コース100分10000円を支払って、いざ突撃!
おお、なかなかのべっぴんさん。
歳の頃は30前くらいのアラサーか。
でもスタイルはいい感じ。

さっそく着替えて洗体室へ。この店は洗体ルームが2つもある大型店、マッサージルームは5~6室という感じ。この泡洗体で、全てが決まると言っても良い。
セラピストのやり方とか腕前がだいたいわかるからだ。特に仰向け時のリンパのやり方が大事・・・言うまでもないか。

ふくらはぎから太もも、そしてお尻と上がってくる手技はなかなかのもの。時間配分も良い。
仰向けの施術もOK、すでにバキバキになってしまってるが、丁寧に洗い流してくれた。

サッパリした後はエステルームへ移動。
この店はベッドタイプとフロアタイプの部屋があるようだ。
しばらく指圧マッサージをしてもらった後にオイルマッサージへ。
両手でオイルをクチュクチュすり合わせる音がなんとも言えない 笑。

うむ、合格点。もう少し強くても良いかな。
オイタ的にも寛容で、けっこう楽しめちゃったり。

最終的にはえーんでないの?って感じの良店でした。

錦糸町 洗体エステ 「エクセレント」
http://massage-esthe.net/



2014年8月25日

人形町 月花美人

そろそろ夏も終わりだと言うのに厳しい残暑が続いている。
こう暑くて蒸し蒸しすると、日中の外回りは辛い・・・汗だくだ。洗体しないとダメだ。誰か優しい女性に洗ってもらわないと!

仕事の都合上、やはり人形町へ足が向いてしまう。
この辺りは都会中心部にありながら、けっこう穴場なのである。ちょっと日を空けると、すぐに新しいエステ店の看板が立っていたりする。プラプラ探索しがいのある街だ。

目に付いたのは「沖縄洗体」の文字。
めずらしく、とうとう人形町にも沖縄洗体をやる店が登場していた。沖縄洗体を謳う店はけっこうあるが、たいてい期待外れでがっかりさせられるのだが、この「月花美人」はどうだろう・・・?
早速突入することにした。

甘酒横丁からほど近いメイン通りの裏手にひっそりとエレベーターがあり、3階へ。店内はとても綺麗。内装も凝っていて、和の感じが店名と合っている。なかなか拘っているようだ。天井は星空をイメージしたブラックライトで光る素材を使っていて雰囲気も良い。癒やされそう~。

受付で90分10,000円を払って洗体コースをチョイス。もちろん沖縄洗体!
担当する嬢は小柄でスレンダータイプの感じの良い子。若そうだった。部屋に通され、着替えを渡される。出た!沖縄洗体のデカパンツだ。沖縄洗体の醍醐味はこのデカパンにある。わかる人にはわかるのだが、Tバックの紙Tより、ずっと楽しい。ちゃんと深くスリットも入っているではないか!ちょっと感動。さっそく洗体開始。背中を円を描くように指先で泡洗体。なかなか気持ちいいぞ。合格だ。さらに足元からずずーーっと太もも、付け根、さらに手は伸びてお尻の奥まで。うーむ、合格!なんとも言えないゾクゾク感に包まれながら、何往復か繰り返す。思わず腰が浮いてしまう。仰向けの期待が高まる高揚感!そして期待通りの仰向け展開に、この店、なかなかやるなーと感心する。さすがに本場の沖縄洗体のような密着はしないが、それでも本格沖縄洗体を謳うだけのことはある。

洗体が終わると一度シャワーで流して、今度はアロマオイルマッサージ。
細くてしなやかな手先でオイルを滑らせ、時折ぐいぐいと指圧をしてくれるのは良かった。際どさも高く、モロに接触してくるよりも、スレスレにちょっと掠める感覚がたまらなく良い。

最近は安易にヌキをやったり、密着をやったりするチャイエス店が多いが、こういう店はちゃんと頭で考えて工夫して努力しているのがわかるのが好印象だ。そういう意味でも二重丸だった。

また来ようと思う良店だった。

日本橋人形町 「月花美人」
http://massage-esthe.jp/




2014年7月25日

日本橋人形町 椿

最近の大陸系チャイエスは細胞分裂のようにどんどん増え続けていて、まあエステマニアにとっては喜ばしいことではあるのだが、なかなか優良店を見つけるのは返って困難になってきたようにも思う。

さて、やって来ました人形町。

古い町並みが江戸情緒を醸し出す、なかなか風情のある街だ。
そんな人形町にもエステ店が数店存在していて、ホームページを見てなかなか良さ気なマッサージ店を発見!早速行ってみることにした。
店の名は「椿」。なんとも渋すぎる名前で、さぞかしスタッフも中年おばさんかと思いきや、いやいや若くて可愛い子が載っているではないか!総勢6~7名が掲載されていて、たいていの場合は水増しで2~3名しかいない店が多いわけだが、なんとこの「椿」は全員が在籍していた。なぜわかったのかというと、電話予約をする時に本日の出勤は誰がいるのかを確認したのだ。
へえー、こんな真面目な良い店もあるんだね。

ということで、突撃!

人形町らしい、良くも悪くもレトロな建物の2階が受付。店内は綺麗だ。受付で泡泡洗体70分コース、9,000円を選択。ネットで見たと言えば割引価格にしてもらえる。そして待望の嬢とご対面!おおおーっと!可愛い!ええーー!?すごく可愛いぞ。しかもスタイルがとんでもなく抜群。椿恐るべし。どう見ても20代前半という感じ。

部屋に通されて、「服を全部脱いでください。」といつものセリフ。
はーい♪ってなわけだが、あれ?紙パンツに着替えてくださいって言わなかったぞ?彼女は洗体ルームへ準備に行ったようだ。よし、じゃあ全部脱いでっと。バスタオルを腰に巻いて待機。「入ってよろしいですか?」「大丈夫ですよ」そして洗体ルームへ。この店は洗体ルームが2室もある。

ハラリ・・・抱きついて来たかと思うとバスタオルを剥ぎ取った!恥ずかしすぎるほど反り返ってしまったイチモツ君が登場~。もう開き直るしかない。でもこの状態でベッドにうつ伏せは非常に辛いのだよ。まあ仕方ない。

泡泡洗体は彼女の指先と手の平の絶妙なタッチでゾクゾク感が倍増!際どさもイイ。なかなかテクニシャンだ。ほどなくして仰向け!薄目で確認すると、彼女は一点を見つめてるではないか。ちょっとピクピクしてみた 笑。ちょっとぎこちない仕草で仰向け洗体~!しっかり洗ってもらいました。

20分ほどで洗体終了。マッサージルームでオイルマッサージ開始。やはり70分だと少しせわしない。

マッサージは可もなく不可もなく、まあこんなもんかなという感じ。全ては彼女の可愛さで許されてしまう。仕方ないか・・・笑

10分程度を残してやっと仰向けコール。
オイタタイム!である。短いスカートから伸びる長い脚の奥には極小Pが見え隠れしてエロすぎる。手を這わせていくと、ええ?無抵抗・・・彼女の顔は紅潮していた。
なんだか好きになってしまいそうな、そんな子だった。この続きは次回の指名の楽しみに取っておこうと思った。

日本橋人形町 「椿」
http://massage-esthe.biz/




2014年2月 6日

那覇 ハッピー

最近すっかりおなじみとなった「洗体」というフレーズ。
読んで字の如く体を洗うことなのだが、エステ店の洗体となると、これはマッサージ嬢が体を洗ってくれるサービスのことを指すことになる。アカスリとはまた違う、ボディソープやローションなどで洗ってくれるサービスで泡泡洗体がとても気持ち良いのである。

当サイトでも紹介している「爽楽苑」「」「康楽物語」「癒しの家」などでも行っている人気のマッサージなのだ。

さて、この洗体のルーツとは、どこの店なのだろうか?
その答えは遠く南国の沖縄にある。
もともと「洗体エステ」と名乗ってサービスを始めたのは那覇市内にあった「御殿」という店なのだが、残念ながら廃業しており、今も当時の元祖洗体エステを行っているのは唯一、那覇市内の若狭にある「ハッピー」という店だ。外見は何の変哲も無い2階建ての店で、入口を入るとすぐ左手に受付がある。オイル+ローション+洗体コース60分9Kを支払うと、早速担当嬢が出迎えてくれる。そうそう、言い忘れたがこの店で若いエステ嬢を期待しても無駄なのである。ほぼ全員が熟女。でもマッサージの腕は折り紙付きなので、熟女ファンにはたまらないはず。
そんな今回の担当嬢はちょいポチャの色っぽい人だった。もちろん日本人。

そちらの脱衣所で着替えてくださいねー。
と言われ、案内された脱衣所とは、ほんとに田舎の銭湯の脱衣所のような部屋。
事務所にあるような古いロッカーが5~6個並び、渡された鍵の番号のロッカーに洋服を入れ、噂のデカパンを履く。このデカパン、普通のサウナパンツの3倍くらいある3Lサイズ、いやもっとかな?そんな感じの大きなサウナパンツなのである。
なぜデカパンか?それは後でわかること・・・。

ガラガラっと扉を開けて浴室に入る。
浴室という表現が一番ぴったりだと思うのだが、タイル貼りの床に40~50cmほどの高さの仕切りが付いた枠にそれぞれ洗い場があり、エアマットが敷いてある。
そして嬢が先ほどまで身に巻いていたパレオを取って、水着姿でローションを作っている。その様子はほとんどソープ。気になるのは隣の声だ。喘ぎ声っぽいぞ。でも覗くわけにもいかず、個室じゃないのが難点と言えば難点だし、良いところなのかもしれない。

まずはうつ伏せからスタート。
ローションを塗りながら、指圧マッサージ。
おお、かなりうまい。
やはり年季が入っている。

さらに手は下半身に伸び、やがて太ももからそけい部へ。
この時にデカパンの意味を知ることになるのだ。
あらゆる方向から手が入るので、スッポンポンよりもむしろエロい感覚がある。
かなりきわどく責めてくるけど、じらし、じらしで息子はビンビン状態。
このじらし方が絶妙に上手く、ずっとこの状態がいいと思えるほど。
しかも水着なわけで、いろんな部分に触れてしまう~。これは生き地獄。

やがて仰向けに。
いや~もうこれはエロすぎる!
誤爆してもおかしくない状況で、いろいろまさぐられ・・・。
もう少しってところで、「じゃあ、流しまーす」と言われてローションを洗い流す。
このテクニックはさすが、他店に真似のできるものではないと思った。
まして外国人にはムリ。
相当訓練しないと出来ないワザだと思った。

仕上げは別室のシャワールームでセルフシャワー。
残ったローションを流して、さきほどの脱衣所で着替えて終了。

でもここで終わりじゃないところが面白いところ。

なんと脱衣所を出ると、場末のスナックのカウンターのようなところで、さきほどの嬢が冷たい飲み物を用意してくれている。雑談をしながら、しばしの時間を過ごすことが出来るのだ。なんとも風情があるというか、なんと言うか。さっき見たエロい姿を回想しながら何気ない会話を楽しみ店を出た。

うーむ、なかなか良い。恐るべし、ハッピー♪

happy3.jpg



2013年10月 1日

爽楽苑 御茶ノ水店

まだまだ残暑のある日、久しぶりにアカスリをしようと思い立ち、アカスリと言えばやっぱりあの店だと、「爽楽苑」のホームページを立ち上げた。
最近では都内に5店舗も出来て、どこにするか迷ってしまうが、熟女マニアとしては、やはりちょっとエロい・・いや失礼、ちょっと色っぽい熟女がいる店に。

爽楽苑と言えば、開放感溢れるマッパ洗体アカスリと寛容度溢れる熟女スタッフで有名だが、人気のケイコさんが居なくなったこともあって、最近は足が遠のいていたところ。ケイコさんは亀戸店のホームページでは節子という名前で出ているが改名してケイコとなった。お姉さんと姉妹で頑張る癒し系美人熟女だ。たまに亀戸店に顔を出すようだけど、なかなかスケジュールが合わない。

ということで、御茶ノ水店に決定!

爽楽苑御茶ノ水店は1年ほど前にオープンした新しい支店。以前はリゾSPAが入居していた所に出店した。しかし、さすがは中国の方、内装から何から全部そのまま利用。いかにも風俗店っぽいカラーの壁紙は清潔感が無く、アカスリ店には似合わない。まあそうは言っても、この店には最近オキニの「はるか」さんがいるのだ。美人さんで(熟女だけど)エロそうな顔立ちが、なんともソソる。

早速予約をして訪問。アカスリ30分4,000円。
笑顔で迎えてくれる「はるか」さんの今日の格好は白いミニワンピ。よくくびれた腰回りにアンバランスな巨乳・・・いいねえ。かがんだ時にチラっと見える真っ赤なパンティがエロすぎる。部屋でタオル1枚になってアカスリ洗体ルームヘ。ベッドを暖めると「仰向け?うつ伏せ?」どっちにする?めずらしくスタートを選べるのだ。仰向けと言いかけてやっぱりうつ伏せからやることにした。

小気味よくゴシゴシと垢すりをやっていくと出る出る、垢が。
お尻の割れ目もチョロチョロっと。
思わず腰が浮いたところをすかさず後ろから玉洗い~!
うーん、たまらん。何度も往復すると、さすがに息子が大きくなってうつ伏せでは痛くて辛い。

バキバキになったところで仰向けコール。
思いっきり反り返ったイチモツくんを見られてしまった。
クビをチョロチョロ洗ってもらい、お腹から肩へゴシゴシ。

あっという間の30分。
5分くらいオーバーしたかな。

いつもならこの後オイルマッサージ、リンパマッサージとフルコースなのだが、今日は時間が無いのでここまで。

また来るよ~と手を振って店を後にした。

爽楽苑 御茶ノ水店
http://akasuri.net/ochanomizu/